Home > 表具用語のご説明 > 表具

表具

表具(ひょうぐ)とは、布や紙などを糊で張ることによって仕立てられた掛軸、屏風、襖、衝立、額、画帖などの物。
または、それらを仕立てること。仕立てることを表装(ひょうそう)とも称します。
表装を職業としている人を、表具師(ひょうぐし)または経師(きょうじ)と言い、
それぞれの表具店で表装を行っています。
表具師の主な仕事内容には、掛軸、屏風、衝立、額、画帖、巻物などの修理をはじめ、襖の新調、張替、障子貼りなども含まれます。
古くは表補絵師(ひょうほうえし)と呼ばれていました。

表具の歴史

平安時代ごろ、遅くとも鎌倉時代に中国から伝来した技術と伝えられています。
経巻、仏画などを保護・装飾することから始まったのが表具の歴史です。
当時は経巻制作の実作業者のことを「装潢手」(そうこうしゅ)と称しており、「経師」は写経生を指す語でした。
室町時代、1494年(明応3年)に編纂された『三十二番職人歌合』には、はり殿(張殿)とともに「へうほうゑ師」(表補絵師)として紹介され、1500年(明応9年)に成立したとされる『七十一番職人歌合』の二十六番には、仏師と共に「経師」として紹介されている。後者での経師は僧侶の姿をしている。後に「ひょうほうえ師」と呼ばれる専門職として独立するようになったと考えられています。
「ひょうほうえ師」は、表補絵師、裱褙絵師(衤に表、衤に背)、あるいは表補衣師といった表記がなされました。
室町時代には寺院の床の間を民間がまねて設けるようになり、桃山時代に鑑賞用の表具がめざましい発展を遂げます。
また茶の湯の流行も表具の発展に影響しています。
茶の湯の世界で珍重された牧谿ら中国画人の作品であっても、表装が貧弱では売れず(『蔭凉軒日録』)、高価な絵ほどそれに見合った表装が必要という意識が読み取れます。

Home > 表具用語のご説明 > 表具

お問い合わせ先
有限会社 徳山春榮堂
〒550-0015
大阪府大阪市西区南堀江4-19-9
電話番号 06-6541-8566
FAX番号 06-6541-3898
営業時間 09:00~18:00
定休日 土曜日・日曜日・祝日

作業時に対応出来ない事も御座います。

お越しの際は、是非お電話下さい。

第62回表具内装工芸展

【第65回表具内装工芸展】

本年も大阪芸術大学の協力を頂き美術学科学生・院生・講師の作品を表装展示します。

伝統的な表具から、新しい素材を駆使して現代風にデザインした創作表具まで、幅広い表具の在り方をご堪能いただければ幸いです。

●大阪芸術大学スカイキャンパス

『あべのハルカス24階』

入場無料です。お近くにお住いの方や、ご興味の有る方は是非お越し下さい。

職人ブログ

三代目のちょっとした日記です。

表具職人の日記

ブログ過去記事

表具職人の日記にて掲載

この度、鹿児島県奄美大島に有ります

環境省 奄美野生生物保護センターの

壁画修復作業を行わせて頂きました。

画家 バード加代子 先生作品

【花虫戯曲】

ブログ過去記事

表具職人の日記にて掲載

この度、国の登録有形文化財

旧木下家住宅 書院天井の

修復作業を行わせて頂きました。

涅槃図の修復 完成致しました。

表具職人の日記にて掲載

春榮堂取扱品目

表装・表具・壁装・掛け軸・屏風・金屏風・和額・扁額・額・襖・衝立・巻物・扇面・色紙・短冊・法名軸・版画・裏打ち・修理・修復・染み抜き・仕立て直し・涅槃図・曼陀羅・四国八十八カ所・西国三十三カ所・朱印軸・朱印帳・折手本・集画帳・日本画・書作品(書・書道)・和紙パネル・ファブリックパネル・リトグラフ

(関西・大阪府・大阪市・大阪)大阪市内で表具店をお探しなら大阪市立中央図書館、徒歩5分の春榮堂(春栄堂)をご用命下さい。

表具用語のご説明

Return to page top