Home > 表具用語のご説明 > 掛け軸

掛け軸

掛軸(かけじく)とは、書や日本画を裂地(きれじ)(布の事)や紙で表装して、床の間や壁に掛けて鑑賞するものです。
掛物(かけもの)とも呼ばれ、日本の室内装飾では重要な役割を果たしています。
(掛軸)(掛け軸)の二つ表記方法が有りますが、【掛軸】の表記が望ましいとされています。

掛軸の歴史

元々は中国から伝わってきた物で、中国では北宋時代に掛物として掛軸が用いられていました。
「掛けて拝する」のに用いられ、礼拝用の意味合いが強くあったと思われます。
桐箱に入れると持ち運びに容易である事と、比較的複数生産が可能であったため、
掛軸は仏教の仏画用にまず普及を始めたました。
日本では飛鳥時代に掛軸が仏画として入ってきていまいたが、
鎌倉時代後期に禅宗の影響による水墨画の流行から掛軸も流行していきました。
この流行により、掛軸は「掛けて拝する」仏教仏画の世界から、
花鳥風月の水墨画など独立した芸術品をさらによく見せる補完品として発達していきました。
室町時代以降、「茶の湯」の席で座敷の「床の間」にも水墨画の掛軸が多く見られるようになりました。
千利休が掛軸の重要性を言葉にするようになると、茶を愛する人達により掛軸が爆発的に流行するようになりまいた。
来客者、季節、昼夜の時間を考慮して掛軸を取り替える習慣が生まれました。
来賓時、その場面の格式などを掛軸で表現することが重要視される考え方が生まれました。
掛軸には【真・行・草】という決まりの形が有ります。
更に、それぞれの形の中でも【真・行・草】が有り。
(真の真・真の行・真の草)(行の真・行の行・行の草)(草の行・草の草)が有ります。
江戸時代に明朝式表具が日本へ入り、文人画には文人表装などで掛軸が華やいでいました。
それと同時に、表具の技術技巧が著しく発展を遂げました。
また、大和錦・絵錦唐織など複雑な文様の織物が好まれ、西陣など織物産地で次々生まれてきまいた。
18世紀には、江戸を中心とする狩野派とは別軸で京都画壇が栄えまいた。
日本画も楽しむという価値観を持った人達に支持され、掛軸もそれにつれ、芸術価値を高めていった。肉筆浮世絵で花開きました。

Home > 表具用語のご説明 > 掛け軸

お問い合わせ先
有限会社 徳山春榮堂
〒550-0015
大阪府大阪市西区南堀江4-19-9
電話番号 06-6541-8566
FAX番号 06-6541-3898
営業時間 09:00~18:00
定休日 日曜日・祝日

作業時に対応出来ない事も御座います。

お越しの際は、是非お電話下さい。

年末年始の休業予定日

12月28日~1月7日

誠に勝手ながら上記の期間は、

年末年始のお休みとさせて頂きます。

職人ブログ

三代目のちょっとした日記です。

表具職人の日記

ブログ過去記事

表具職人の日記にて掲載

この度、鹿児島県奄美大島に有ります

環境省 奄美野生生物保護センターの

壁画修復作業を行わせて頂きました。

画家 バード加代子 先生作品

【花虫戯曲】

ブログ過去記事

表具職人の日記にて掲載

この度、国の登録有形文化財

旧木下家住宅 書院天井の

修復作業を行わせて頂きました。

涅槃図の修復 完成致しました。

表具職人の日記にて掲載

ご紹介『水上の家族』

この度、私ども徳山ひで子が

神戸港の艀船(艀ハシケ)で暮らした体験をつづった『水上の家族』を自費出版致しました。

読売新聞様に取材して頂き、

兵庫版に掲載して頂きました。

こちらの【ネットメディアこうべ】で御覧下さい。

春榮堂取扱品目

表装・表具・壁装・掛け軸・屏風・金屏風・和額・扁額・額・襖・衝立・巻物・扇面・色紙・短冊・法名軸・版画・裏打ち・修理・修復・染み抜き・仕立て直し・涅槃図・曼陀羅・四国八十八カ所・西国三十三カ所・朱印軸・朱印帳・折手本・集画帳・日本画・書作品(書・書道)・和紙パネル・ファブリックパネル・リトグラフ

(関西・大阪府・大阪市・大阪)大阪市内で表具店をお探しなら大阪市立中央図書館、徒歩5分の春榮堂(春栄堂)をご用命下さい。

表具用語のご説明

Return to page top